立冬を迎え冬がやってきますね。
冬と言えばクリスマス♥クリスマスと言えばまねきねこのシュトーレン!
今年初のシュトーレンを焼きました。
シュトーレンはクリスマスに食べられるドライフルーツが
たっぷり入ったドイツの伝統的なパンです。ドイツでは、クリスマスを待つ間に「シュトーレン」を少しずつスライスして食べます。
この待つ間というのが「アドベント」と言って、クリスマスイブの4週間前からイブまでの期間のことです。
アドベントの間に少しずつシュトーレンを食べるのが、正統派ドイツ流だそうですよ。
天然酵母の味の深みと日ごとにフルーツの風味などがパンへ移り、熟成が進んでいくシュトーレンを
少しずつ味わいながら今日よりも明日・・・明日よりも明後日・・・と、
クリスマス当日がどんどん待ち遠しくなっていくのですね。




シェアする